ブログトップ

京都西京区桂の雑貨店おやつ・店主トノイケミキブログ

店主トノイケミキが雑貨とおやつの店頭入荷をお知らせします。ときどき子どものことも。


by o-ya-tsu
プロフィールを見る
画像一覧

6日のこどものブックトークから学んだこと、感じたこと

「本のすばらしさを伝えたいから こんな企画をしてほしい」
と、子どもからお願いされて
今回 5月6日に「ブックトーク おもしろかった本の紹介といろいろ」として開催しました。

自分で考えて
内容は本の紹介と、創作絵本の読み聞かせ にしようと思ったようです。
ストーリーを考えて、絵を描き、
紹介する本の内容は、原稿を作って
「リハーサルするので聞いてほしい」

私は、「うん、よかったよ…」と言いながらも
これを聞きにきてくださってもどうかなあ…と思い
「質問していいですか!」
「はい、どうぞ!」
「一番のおすすめポイントって何ですか?」
「… あ! それ言うの忘れてたな〜」
そんなことを繰り返していました。

私は 店長としてもっと宣伝したほうがよかったとは思いつつ
来てくださったお客様を満足してもらうほどのトークが子供にできるのか
いろいろな事を考えてしまい、
ほかの作家さんに比べて宣伝は自然と控えめにしてしまいました。

けれどバックヤードでは何度も何度も原稿を書き直して
前日は
「やるなんて言わなきゃよかった…」
と緊張しながらもがんばっている我が子の姿があり
私の中ですごく葛藤してしまいました。

そして本番…

原稿を見つつも、リハーサルではかたかった彼女が
アドリブで、いつもよりも楽しく話しをしました。

来てくださった方が笑ったり、真剣に聞いてくださったからだと思います。
聞いてくださった方は、本当にありがとうございました。
雑貨店おやつ 裏の えほん館のオーナーさんも来てくださっていました。

最後は子ども、大人、年齢関係なく、
その場にいた人が本を読んだり語ったりする会になって
同じ時間を共有できていることがうれしくなりました。

みんなが帰られたあと
「今日、なんかすごく楽しかったなあ…
私、プロ(えほん館のオーナーさんのこと)に よかった!なんて言われちゃったよ〜。来年もやろっかな〜」

副店長の大きな大きな仕事を終えました。
そして得意なことがひとつ増えました。

この企画を自分で立てるというのもすごいけど
それをやろうとたくさんの時間をかけて
やり抜く力があって
本当にすばらしいと思いました。
わたしも
アドバイスを求められたとき以外、口も出しませんでした。

来年は自信をもって おすすめできます。
彼女は本番に強いみたい…。
今を生きる 11歳の女の子が どんな切り口で何を語るのか
ぜひ聞いてほしいです。

大人たちは トークイベントを企画する10歳に対して
「度胸があるんですね」
とか
「自信があるんでしょうね」
「緊張しないんですかね」
とか色々言われ、私もそうかなと思ったのですが…
一連のことが終わってから見ると
「自信もないし、緊張していた」と。

ただ彼女にあったのは
「伝えたい」という一途な思いだけでした。
f0129557_13041141.jpg
トークイベントで紹介した本は ホネホネさんシリーズ。にしむらあつこ著 福音館書店 です。
いつでも本は 雑貨店おやつの私物としてありますので、
どうぞ読みにきてくださいね。

f0129557_13041841.jpg
販売本でおすすめはこちらの3冊を選びました。

今日で「本と紙」特集が終わりますが、
今回感じたことは、
「本と紙は自由だ」と。

そして「本と紙は私にとっても子どもにとってもおやつじゃなくてご飯だ」と。

5月11日(金)~5月30日(水)

「夏の装い」

着心地らくちん、かわいい!ワンピースやスカートなど


お買い物はこちら


Face Bookはこちら


雑貨店おやつのtwitterはこちら



営業時間:11:00~18:00/金曜日のみ ~20:00

定休日:木曜日、日曜日(次回の日曜営業は、4月29日)

雑貨店おやつ 京都市西京区桂野里町10-9

       TEL 075-204-6023


阪急桂駅東口出て左。

喫茶zookoの前を通って線路沿いを北へ2分。

ハウスコムを通りすぎ、リアルホーム横の道を曲がる。

駅からの所要時間は3分です。



f0129557_14444137.jpg






[PR]
by o-ya-tsu | 2018-05-09 13:58 | 商品・作家さんのこと