ブログトップ

京都西京区桂の雑貨店おやつ・店主トノイケミキブログ

店主トノイケミキが雑貨とおやつの店頭入荷をお知らせします。問い合わせはHPの問い合わせフォームか電話でお願いします。


by o-ya-tsu
プロフィールを見る
画像一覧

わたしにとって干ししいたけみたいにうまみがぎゅっとつまっている本、それが「雑貨店おやつへようこそ」!?

f0129557_20400057.jpg
娘9際が、この「ほしじいたけほしばあたけ」をすごく気に入りました。
10年前のわたしなら、ぱっと見の食わず嫌いで手に取らなかったかもしれませんが
「絵本ちゃん」がすすめてくださっている本ならば、
読まなわいわけにはいきません。

設定もおもしろいけど、この二人、ええ味が出ています。
いや、ええ出汁が出るの間違いかな。

「なまのしいたけにはない、えいようがうまみがあります。」
と書いてあったくだりで「はっ」と気付きました。

わたしの本もそうかな〜〜〜って思って。

わたしは以前に「カナリヤ手帖」という本を書いています。
12年も前に書いた本です。
2年のできごとを1年でまとめて起業して3年で出しました。

そして今回「雑貨店おやつへようこを」は、ほぼ10年分を2年かけてまとめました。

それぞれ、自分でもええ本ができたと思っていますが、
人に説明するときに
「カナリヤ手帖」は「なまのフルーツ」で
「雑貨店おやつへようこを」は「ドライフルーツ」ですと。

なまはなまでおいしいんですが、
ドライはうまみがぎゅっとつまっていて、なまにはないえいようがあります。
時間をかけているので、水分は失われているけれど。

どちらがよいかというのは、お好みかもしれませんが、
わたしはドライフルーツのほうが好きです。
保存もきいて、使いたいときに使えるから。

もしかして、人間もそうなのかなあ〜。
年を重ねるにつれて水分はとんでいってしわしわになりますが、
うまみはぎゅっと凝縮されているのかなあ。

この絵本を読んで、そんなことを思いました。

「読んで作って遊ぶ!本と紙

本と紙の魅力をあなたといっしょに味わう一ヶ月

11:00~18:00
※金曜日のみ ~20:00
<期間中のお休み427日、54日、11日>


f0129557_11194341.jpg








[PR]
by o-ya-tsu | 2017-05-15 20:57 | 本の仕事